会社案内

株式会社小島組についてご案内します。

経営理念

「たゆまざる自社技術の開発により、作業効率の向上を目指し 株主に感謝し 社員の生活を護り、社会に貢献する」

社長あいさつ

 私たち小島組は大正8年(1919年)に創業以来、専門性の高い特殊な作業船を保有する企業として、浚渫や埋立て、港湾土木など多くの工事で実績をつくりあげてきました。ひと昔前までは浚渫や埋立てというと環境に良くないイメージがありましたが、小島組の事業の本質は自然の流れの中で土地や環境を人間の暮らしと調和させていくところにあります。私たちは世界最大のグラブ浚渫船「五祥」をはじめ、高効率・省エネルギーを実現する多彩な船舶を駆使して、小規模な河川での浚渫から大規模港湾開発に至るまで社会の幅広いニーズにお応えしております。
 また近年、グローバルな舞台においても私たちの浚渫技術が求められるようになってまいりました。当社では社内の精鋭を世界各国に派遣し、中期では東南アジア、長期ではアフリカ・インドも視野に入れたグローバル展開を進めています。世界のお客様とのおつきあいで最も大切にしているのは「誠実な仕事」と「信頼関係」。確かな技術力を前提に、良いことも悪いこともさらけ出した状態で関係をつくっていくことが、本当の意味でのソリューションにつながるのではないでしょうか。今後、途上国の経済が急速に発展するとともに、港湾開発をはじめとしたさまざまなプロジェクトで私たちの仕事の重要性はさらに高まると予測しています。
 小島組は土木業者でありながら、常に新しい技術を提案し続ける「建設機械メーカー」でもあります。自分たちのアイデアで世界でも類を見ない特殊船を開発し、それを土木に活かして社会に貢献する。私たちは、たゆまざる技術開発の精神をもって、近い将来「世界一の浚渫技術を持つ企業」と呼ばれるよう、社員・役員が一丸となって努力してまいります。

代表取締役社長 小島徳明

会社概要

商 号
株式会社 小島組
本 社
〒455-0021
名古屋市港区木場町1番の6
電話(052)691-7070(代)
創 業
大正8年6月
株式会社
組織変更
昭和16年12月
主たる業務
浚渫埋立及び土木一式工事請負
並びに付帯関連業務一般
資本金
9,000万円
決 算
年1回5月
代表者
代表取締役 社長 小島徳明
従業員
160名(2017年5月現在)
建設業者
登録番号
国土交通大臣許可(特)26第3337号
建設業の種類
土木工事業 / とび・土工工事業
ほ装工事業 / しゅんせつ工事業

沿 革

  • 1919年大正8年

    6月愛知県知多郡上野村(現・東海市名和町)で創業

  • 1941年昭和16年

    12月株式会社組織変更(資本金198,000円)

  • 1948年昭和23年

    4月浚渫事業を始める(堀川浚渫工事)

  • 1954年昭和29年

    3月木造グラブ浚渫船 第1良成丸建造

  • 1957年昭和32年

    9月名古屋市港区木場町に本社移転

  • 1959年昭和34年

    3月鋼製グラブ浚渫船 第10良成丸建造

  • 1963年昭和38年

    3月資本金を18,000,000円に増資

  • 1967年昭和42年

    4月東京支店設置

  • 1970年昭和45年

    6月アンカーレスグラブ浚渫船 第61良成丸建造

  • 1975年昭和50年

    3月アンカーレス移動装置(2本スパッド)特許取得

    11月資本金を36,000,000円に増資

  • 1984年昭和59年

    7月大阪支店設置

  • 1985年昭和60年

    9月カウンターウェイト方式による重錘油圧式グラブ浚渫船第261良成丸建造

  • 1988年昭和63年

    5月資本金を80,800,000円に増資

  • 1993年平成5年

    6月風力搬送船(空気圧送船) AP1000良成丸建造

  • 1995年平成7年

    6月超大型グラブ浚渫船(200m3グラブバケット)東祥建造

  • 2000年平成12年

    5月2隻目の超大型グラブ浚渫船(200m3グラブバケット)五祥建造

  • 2004年平成16年

    8月五祥、東祥による中山水道航路浚渫工事完了

  • 2008年平成20年

    10月初の海外進出となるサウジアラビアでの浚渫工事に参画(五祥)

  • 2012年平成24年

    4月初のアフリカ進出となる南アフリカでの浚渫工事に参画(東祥)

    9月資本金を90,000,000円に増資

  • 2014年平成26年

    6月初の東南アジア進出となるシンガポールでの浚渫工事に参画(第661良成丸)

支店・営業所

東京支店

〒104-0032
東京都中央区八丁堀3丁目22番11号
(八重洲第三長岡ビル6F)
電話 (03)3297-1681

大阪支店

〒555-0025
大阪市西淀川区姫里1丁目24番5号
(三堂ビル2F)
電話 (06)6477-1161

横浜営業所

〒231-0002
横浜市中区海岸通3丁目9番地
(横浜ビル)
電話 (045)201-7016

茨城営業所

〒314-0031
鹿嶋市宮中217番地2号
(藤廣ビル)
電話 (0299)83-8799

知多営業所

〒476-0002
東海市名和町砂崎8番地
電話 (052)601-0169

常滑営業所

〒479-0837
常滑市新開町1丁目95番地
電話 (0569)34-9793

海部営業所

〒498-0066
弥富市楠1丁目16番地
電話 (0567)68-4100

九州事務所

〒812-0016
福岡市博多区博多駅南1丁目7番14号
(ボイス博多ビル508号室)
電話 (092)477-7005

組織図

社 章

 愛知県知多郡上野町(現・東海市)議会議長を務めた創業者・小島良一の「良」の字を、土木作業に使うスコップなどに焼印したのが由来と言われています。戦後、復員した小島朗夫・第三代社長(故人)がデザイン化し、日本を囲む美しく青い海の色をイメージカラーとしました。米沢藩主・上杉鷹山の師で、郷土の誇りである江戸時代の儒学者・細井平洲(現・愛知県東海市出身)の言葉に、「学、思、行、相まって良となす」とあり、現場に学び、考え、実行し、社会に貢献することを目的とする当社の核心を表しています。

グループ企業

日本港湾リース株式会社

代表取締役社長 渡部 光夫
〒455-0021
名古屋市港区木場町一番の六
電話 (052)698-7335

株式会社ダムドレ

代表取締役社長 佐藤 忞
〒104-0032
東京都中央区八丁堀3丁目22番11号
(八重洲第三長岡ビル6F)
電話 (03)5542-3530

PACIFIC MARINE
JAPAN Co., Ltd.

代表取締役社長 木村 道広
〒455-0021 
名古屋市港区木場町一番の六
電話 (052)691-7288

PACIFIC MARINE
HK Co., Ltd.

President Takahiro Kojima
Unit 1219,
12/F The Metropolis Tower No.10
Metropolis Drive Hunghom,
Kowloon, Hong Kong
TEL +852-2334-1200

KR DREDGING CO., LTD

CEO Steeve S.Ryoo
6F Busan Shipyard Bldg, 1,
Haeyang-ro 15,
Yeongdo-gu, Busan, Korea
TEL +82-51-441-0801

MENU